応援力

人と人の心をつないで豊かな社会を協創する「応援塾」が運営するブログです。

井の中の蛙で終わる人・・・【応援力】

002

応援塾講師の鯉沼です。

1月ももう終わりに入り、寒さが一段と厳しくなってきました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

前回は、たくさんの方にご参加いただき誠にありがとうございます。

申し込みが100名超えということで、本当に感謝しております。

 

今回の応援力セミナー第四弾は・・・

 

遊雅セレブリティ株式会社 代表取締役にして、

セミナー講師・スクール運営・出版業界・中国輸入ビジネス・システム開発など

様々な分野で活躍の蝶乃舞先生

 

紹介の欄に「鯉沼」と書いていただきますと、

豪華特典をプレゼントさせていただきます。

※多分、ありえない特典です。

 

まだお申し込みはお急ぎください!打ち切り間違いないかと・・・

 


 

【今日の応援力キーワード】

 

井の中の蛙で終わる人、

 

大海に泳ぎ出る人

 

           - 蝶乃 舞 -

 


 

今回は、次回の応援塾セミナーの特別講師でもあり、

「子育て・在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則」を出版されました、

蝶乃舞先生の本から・・・

 

 

世に言う「世間知らず」のことを言う例えとして

「井の中の蛙(かわず)大海を知らず」といいます。

 

人前の挨拶などで滔々(とうとう)と判った振りをして話しているが、

的を得ていない話しをする方がおります。

 

自分の認識と本来の認識がずれている場合などがあります。
しっかりと研究し、精査していないと

「井の中の蛙(かわず)大海を知らず」と馬鹿にされるケースがあるのです。

また、小さな業界での常識を世界の常識が如く話す人もおります。
これも同じように

「井の中の蛙(かわず)大海を知らず」

と揶揄(やゆ)されるものです。

我々は絶えず物事の本質を知るために、情報が入るよう新聞や雑誌、

インターネットの検索を駆使していなければなりません。

現在はそのような意味から、地球上どこに居ても

リアルタイム(瞬時)で情報が得られるようになっております。

 

ソーシャルの関係で知り合った外国の友人は、

私よりも日本のことを熟知しているケースがあります。

 

メールで日本国内の質問や調査の依頼があると、

日本に居ながら勉強不足を恥入ることもあるのです。

 

異国にいる日本人はそれだけ祖国日本を

真剣にウォッチしているのです。

 

アジア圏に住んでいらっしゃる方は特に

細かくすごくチェックされているように思います。

(※某ネット起業家がそうでした。)

 

物事を判断するとき、一業界だけではなく他の業界のことも、

 

また日本だけではなく世界のグローバルな情報も加味しながらの判断が必要です。

そして歴史観も大切です。

 

現在は、明るい兆しが見えず、不況などと言われておりますが、

果たしてその内容がどのように違うのかも研究する必要があります。

 

また、物事を判断するのに世界観や歴史観が不要であるにもかかわらず、

無理やりそのような物と比較して場違いの判断をすることもあります。

 

多種多様の時代の現代は、色々な取捨選択をする必要があります

 

まさに大海に出る人とは、日本人の心、「侘・寂」「おもてなしの心」の

本質を知る人ではないかと考えます。

 

今週も元気にがんばっていきましょう!

 

☆ お知らせ ☆

「子育て・在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則」

Amazonキャンペーンが始まりました!

こちらのリンクから本を購入すると

とっても豪華なプレゼントがもらえます!

↓↓↓

「子育て・在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則」

Amazonキャンペーン好評開催中です!ぜひお早めにお求めください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page Top