応援力

人と人の心をつないで豊かな社会を協創する「応援塾」が運営するブログです。

初心者が最初に覚えるべき役その2【応援力】

 

20140628_mahjan_2yaku

こんにちは、応援塾の池田です。

■初心者が最初に覚えるべき役その2

1役を覚えたら、次は2役を覚えましょう。

こちらも1役とあわせて、よく揃うので必ず使います。

 

それでは、2役の紹介です。

今回も役は覚えているかどうかだけのものなので、

なんどか見て、実践し覚えるようにしてみてください。

mahjan004

 

オススメの役は、
三色同順、一気通貫、チートイツです。

 

基本的にメンゼンでじっくり作ることを考えています。

トイトイは、ドンジャラのようでわかりやすい役ですが

防御力がすごく下がるのと、早い段階で手役を確定させてしまいます。

 

あがりの点数を確定させてしまうのと、

他の人に、大体このぐらいの点数だろうとわかってしまうので

あまりオススメしません。

 

オススメした3つの役の良い点は、

無理なくそろえられる、待ち牌をわかりにくくできる、すぐに降りれる

です。

 

麻雀は毎回自分があがることだけを考えていても

なかなかあがれません。

 

4人で行うゲームですから、

他の人も当然あがりたいと思っています。

 

あがれないときもありますので

相手がリーチを宣言してきたときなどは、

今回は諦めて降りる、相手に振り込まないようにすることが大切です。

 

もちろん、自分の手が高ければ、

リスクを背負って、攻める必要もあります。

 

いつも降りて、逃げてばかりでは勝てないからです。

 

そのバランス、駆け引きが麻雀の楽しみでもありますね。

 

ここの駆け引き部分を、感情のみに任せて、

何の判断基準もなく行っていると心がグラついてしまいます。

 

自分の「理」、論理、正解、

普通に考えたらこうするのが当たり前、

そんなことが通用しないのが麻雀です。

 

予想外のことがおきても、自分の理を貫き通せるか、

また、勝率が悪いようなら、改善できるかがポイントです。

 

この辺はまたお話していきます。

明確な判断基準がなければ、またそれを信じることがなければ、

それは破滅へ向かって、一牌ずつ近寄っているのです。

 

「仮説」と「検証」

これの繰り返しです。

 

それでは役を覚えて楽しく麻雀をしてみてくださいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top