応援力

人と人の心をつないで豊かな社会を協創する「応援塾」が運営するブログです。

古市佳央X佐藤誠司 セルフストーリーオペラ「奇跡の出会い」【応援力】

ピアノa1580_000013

 

 

 

 

皆さまこんにちは。

応援塾講師の吉原貴恵です。

 

 

今日は応援塾生の古市佳央さんの半生を綴ったオペラ公演のご紹介です♪

=======================================================

 

 

★ 古市佳央X佐藤誠司セルフストーリーオペラ「奇跡の出会い」イン北とぴあ

 

 

日時:12月16日(月) 19:00開場 19:30開演 21:15終演

 

 

別々の場所で、別々の人生を歩んできた。
社会に反発し、家族を恨み、仲間と恋人だけが支えだった。
青春を謳歌していた21歳の誠司と16歳の佳央は、
突然、地獄へ突き落とされる。
笑顔も、健康な体も、生きる希望さえ奪われた二人を、
待ちかまえていたのは、想像を絶する試練だった。

 

「生きてる意味がない」
「生きる価値がない」
「死んでしまおう」
生きる希望を失った二人に用意されていたのは、

 

 

~奇跡の出会い~

 

本当に人を救えるのは、
医療でも神でもない。
「出会い」それはまさに奇跡そのものなのだ。

 

 

原作・語り : 古市佳央  佐藤誠司

 

脚本・歌  : AKIRA

 

ピアノ : 藤本ゲン

 

 

会場: 北とぴあ 13階 飛鳥大ホール
東京都北区王子1-11-1

 

日時:12月16日(月) 19:00開場 19:30開演 21:15終演

 

料金: 前売2500円、 当日3000円、 学生1500円、 未就学児無料

 

 

主催者: 芝公弘

 

ご予約・お問合せ:090-8841-1057
メール:kimihiro-shiba@hello.odn.ne.jp

 

FB イベントページ http://on.fb.me/1h5ky5k

 

 

★古市佳央・語り★

 

1971年東京都生まれ。「やんちゃ」な少年だった高校一年の春、バイク事故で、重度熱傷41%という生死をさまよう大やけどを負うが、 奇跡的に命を取り留める。

 

自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが、その後3年間に渡る治療を通じて、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り 戻す。

退院後は、一般社会の人々の好奇と嫌悪、同情の視線にさらされ、 逆に精神的な強さがつちかわれる。
現在は障害者と健常 者の垣根をなくし「生活の質」の向上を目指す
『オープンハートの会』の運営をおこなう。

 

東日本大震災後は、 「友達になりに行く」ために足しげく東北へ通い、 信頼と心のつながりを もった支援を継続させている。

自己の体験を通じて得た命の大切さ、 出逢いのすばらしさ、当たり前に感謝する心を伝えつづけ、全国各地の小中学校や高校、大学、企業、施設に招かれて講演活動を おこなっている。

全国講師オーディション2013ではグランプリを受賞し日本一の講師と なる。

目標は「この世の中を温かい心を持った人で埋め尽くすこと」
古市佳央 ホームページ http://www.furuichiyoshio.com/

ブログ http://ameblo.jp/f440440/

著書「這い上がり」
「君の力になりたい」

 

 

==========================================================

 

皆さまの応援を心よりお待ちしております!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page Top